人気株主優待すかいらーくと業界1位のゼンショーはどちらが買いか?

株主優待好きなら一度は手にしたい銘柄。

 

すかいらーく

 

間違いなく神・優待銘柄です。 

 

すかいらーくはガストやバーミアンを展開する外食企業で2位のシェアを誇っています。

1位はすかいらーくではありません。

1位はどこなのか?

なんと、あのすき家やココスで有名なゼンショーグループです。

 
本日は外食トップ2社のすかいらーくゼンショーについて、比較します。
 
最後に株主優待に発生する会社としてのコストもざっくり計算した小ネタも用意してますので、どうぞ最後まで宜しくお願い致します。

 比較①〜売上高と利益率〜

では、まず売上と利益率について比較して行きます。

f:id:wakawakke:20200421192659j:plain

すかいらーくグループ
・2019年
売上高:3753億円
営業利益率:5.5%
 
・2019年
売上高:6076億円
営業利益率:3.1%
 
ゼンショーは外食企業でのトップを誇る流石の売上高です。
一方で売上高で2位のすかいらーくは、利益率はゼンショーよりも優れています。
 
その中で、外食の収益構造で気になるのが売上原価率です。
ここに2社の大きな差がございます。
 
まず、すかいらーくの売上原価率を確認します。

f:id:wakawakke:20200421192957j:plain

引用元:決算説明資料より
売上原価率は30.4%です。
なお、営業利益は206億円です。
 
一方のゼンショーHDを見て行きましょう。
 

f:id:wakawakke:20200421193452j:plain

売上に対する原価率は43%です。
 
すかいらーくに比べて10%高いことが伺えます。
 
恐らくですが、すかいらーくはガストやジョナサン、バーミヤンなどの系列が多い中、ゼンショーは、はま寿司などを筆頭に原価の高い業態を展開していることからこの様な差が出ていることが伺えます。
 
また、営業利益は188億円です。
2019年3月期で比較すると、営業利益はすかいらーくの方が高いのです。
 
ゼンショーの、利益率は2019年は3.0%だったのですが、今年の第二四半期決算では少し改善されております。

f:id:wakawakke:20200421193730j:plain

19年が3.4%に対し、今期は4.2%と0.8%営業利益はプラスです。
この様に今期は改善が、見られているのがゼンショーの特徴です。
 
続いて二つめの比較に参りましょう。
 

比較②〜EPSと配当金〜

二つめに、EPSいわゆる一株利益と配当金を比較していきます。

f:id:wakawakke:20200421194107j:plain

すかいらーく
・EPS:48円
BPS:672.5円
 
配当金は、2019年より減配しております。
38円から19円と、半分に減っています。
 
・EPS:68.3円
BPS:496.3円
 
配当金については、2016年より、倍増していて、20年3月期は20円の予定です。
ここ2〜3年で見ると配当については、ゼンショーの方が落ち着いていますね。
 
さっ、ドンドン行きましょう。

比較③〜主な指標について〜

主要な指標について比較して行きたいと思います。f:id:wakawakke:20200421194345j:plain

●必要投資金額
2020年4月17日終値
すかいらーくは1559円なので15万6000円前後
ゼンショー終値が、2082円なので20万9000円ほど。
投資金額はすかいらーくの方が低いですね。
 
すかいらーく:3079億円
ゼンショー:3105億円
ほぼ、同規模の水準ではないでしょうか。
 
●PBR
どちらも大きく1倍を超えています。
 
ROE
ゼンショーHDは利益剰余金が、少なく自己資本も少ないので、この様な高いROE数値になっている可能性があります。
 
どちらも30%を切っています。
 
ゼンショー:1%ちょうどです。
配当性向はゼンショーが、26.4%と比較的余力があります。
 
さっ、そんな自己資本比率が30%割れの2社。
続いては、財務状況がどうなっているのか見て参りましょう。
 

比較④〜両社の財務状況について〜

ここは僕個人的に毎回、僕がいつも楽しく見ている項目ですw

f:id:wakawakke:20200421194839j:plain

総資産:4593億
現預金:189億円の現預金
およそ資産全体の4%ほどです。
これはちょっと少ないです。
 
積み上げた利益剰余金は732億円
のれんが1460億円ほどあり、会計基準IFRSです。
 
総資産:3776億円
現預金:572億円
比率は15%とほど。
 
総資産がすかいらーくよりも少ないです。
しかし、キャッシュの金額や比率はゼンショーの方が高いというのが特徴です。
また、利益剰余金は344億円と、すかいらーくより少ないのもポイントです。
 

f:id:wakawakke:20200421195049j:plain

自己資本比率の数年の動き
すかいらーくは18年から19年にかけて、比率を大きく下げて30%割れです。
ゼンショーについても18年から比率が、下がり20%を割れました。
 
さっ、ここからはすかいらーくの独断上である、株主優待についてお話しさせていただきます。
 

比較⑤〜株主優待について〜

ここの比較については、YouTube上でもほぼほぼ満場一致で、すかいらーくに軍配でしたが比較をして行きます。

f:id:wakawakke:20200421195318j:plain

すかいらーく株主優待は年2回の6月と12月に貰えます。
・100株〜
6月に3000円 12月に3000円
年間で、6000円分です。
 
通常、100株で貰える株主優待が1番お得です。
 
しかし、すかいらーくは株数をたくさん保有すればするほど還元額が実質、上昇していくのがポイントです。
 
300株で100株あたり6666円
500株でちょっと下がりますが、100株あたり、6600円
最後1000株ですと100株あたり、6900円と、かなり上昇します。
 
還元額もエグいんですが、株数が増えるごとにメリットが増える珍しい株主優待です。
 
続いて、ゼンショーHDの株主優待です。

f:id:wakawakke:20200421195525j:plain

こちらも年間2回、3月と9月です。
100株で1回あたり1000円分、合計2000円分のお食事優待券が貰えます。
 
ゼンショーはファミレスのココス、すき家、はま寿司など、いろんな業態で使えるのが大きな特徴ですね。
これはいわずもがなですが、すかいらーくの方に軍配があがりますね。
株主優待銘柄、全体の人気ランキングをとっても、すかいらーくは上位にくる銘柄です。
 
では、残りラスト2つのうちの1つ。
株価推移を比較して行きたいと思います。
 

比較⑤〜株価推移について〜

どちらの銘柄も同じタイミングで、2番底をつけて株価を少し戻してます。
ただ、戻しの幅はゼンショーHDの方が少し大きいです。

f:id:wakawakke:20200421195817j:plain

1月6日終値:2161円
4月17日終値:1559円
下落率は、およそ28%ほど。
 
1月6日終値:2444円
4月17日終値:2082円
下落率は14.8%
およそ15%なので、すかいらーくに比べると下げ幅は小さいです。
 
でが、ラスト比較をして行きます!

比較⑦〜売上推移について〜

まず、すかいらーくの3月の売上実績です。

f:id:wakawakke:20200421200303j:plain

全店で昨年比、22.2%マイナスとかなり厳しい実績です。
前年より、土曜が1日少ないことや新型コロナウィルスの感染拡大が影響しています。
ただ、すかいらーく自体の売上の調子がいまいちなんです。
 
f:id:wakawakke:20200421200400j:plain

昨年の売上高推移なんですが、10月の増税後以降、前年比割れが3ヶ月続いていたので、あまり業績がよくなかったんですね。
 
一方、ゼンショーはと言いますと

f:id:wakawakke:20200421200446j:plain

これ、あくまですき家のみの実績ですが、3月は対前年比92.2%と、マイナス10%未満になんとか食い止めています。
 
また、増税後の売上実績も前年割れすることなくここまで進捗を伸ばしてきました。
 
なので、業績については、ゼンショーの方がまだ持ち堪えているというのが個人的な印象です。
 

まとめの総括

では、総括です。

f:id:wakawakke:20200421200600j:plain

売上、業績はゼンショー
 
利益率、株主優待すかいらーくの勝利
 
株価の下落幅が少ないのはゼンショーという所が今回の総括です。
 
優待目的:すかいらーく
業績重視:ゼンショーHD
 
って感じですかね。
 
改めて、僕個人的には優待がゴリゴリ好きなんですかいらーくですw
 
では、今日も余談なんですが、最後に2社の株主優待にかかっているコストをざっくり計算します。
 

余談:優待コスト算出してみた

f:id:wakawakke:20200421200823j:plain

まず、優待の前に配当金なんですが、
すかいらーくはトータルで37億円分の配当を年間で支払っています。
株主優待については、ざっくり概算で計算します。
額面で計算するので、実際はもっと安くなりますのでご了承下さい。
 
・個人の株主数:37.8万人
・所有単元:133万単元
 
なので、これを割り算します。
 
計算式:133万/37.8万
 
1人の個人投資家はおよそ3単元を平均で保有している可能性がございます。
 
すかいらーくの3単元の優待は2万円です。
そこに37.8万人をかけると75億円ほどという計算になります。
 
これはあくまで、僕が勝手に出してるので、正解ではないかもしれません。
また、すかいらーく販管費については年間で、2408億ほど発生しています。
 
続いて、ゼンショーも見て行きましょう。

f:id:wakawakke:20200421201029j:plain

ゼンショーは配当金に26億円
 
・株主数:13.8万人
・所有単元数:71.9万単元
 
これを割り算すると、
 
計算式:71.9万/13.8万
 
個人投資家1人あたり500株保有していることになります。
 
株式優待は500株ですと、6,000円です。
これを13.8万と、掛け合わせると8億円前後のコストとなります。
 
ゼンショー販管費は3276億円なので、販管費に対する株主優待にかかる割合は、圧倒的にすかいらーくの方が大きいことがよくわかります。
 
なので、業績が悪化すると、手厚過ぎる株主優待は変更を余儀なくされる可能性もございますのでご注意ください。
 
皆さんはどうお考えになりますでしょうか?
前回のコメダドトールの比較動画で結構、自分はどっち派みたいな意見を沢山、頂いたので今回も是非、皆さまコメントお待ちしております!