SBIネオモバイル証券『ネオモバ』のメリット・デメリットは?

f:id:wakawakke:20200216182351j:plain

 

ネオモバイル証券が運営する『ネオモバ』。

 

『ネオモバ』では、株取引を手軽に始めることができます。

 

現金での購入はもちろんのこと、Tポイントを活用して株が買えちゃうんです!

 

ここではそんな『ネオモバ』のメリット・デメリットをお伝えいたしましょう!

 

  ○『ネオモバ』のメリット

Tポイントを利用して株式投資ができる
1株からでも!少額で投資を始められる
WealthNavi for ネオモバで自動資産運用も可能
スマホアプリを利用して簡単に始められる

 

ネオモバの最大のメリットは、Tポイントで株を購入できるということ。

 

口座を開設したあとに、Tポイントカードとの連携を行うと、保有しているTポイント、1ポイント=1円で株を購入できるようになります。

 

投資を始めたいけどお金がない。

投資に興味はあるけどちょっと怖い。

 

そんな人でも気軽に投資が始められるんです。

 

またネオモバでは1株からでも購入可能。

だからわずか数百円で、誰でも知っているような大企業の株主になれるのです。

 

さらにSBIネオモバイル証券が運営する「WealthNavi for ネオモバ」において、1万円からロボアドバイザーで自動資産運用も始められます。

 

ロボアドバイザーとはおまかせで資産運用できるAIのこと。

 

今までなら細かい点に注意しながら運用しなければならなかった取引が、簡単な質問に答えるだけで、すぐに自動で資産運用してくれるのです。

 

スマホアプリで株取引や株式の定期買付が可能で、資産状況の確認も簡単に操作できますから、初心者の方でも安心して利用することができますね。

 

  ○『ネオモバ』のデメリット

NISAに対応していない
投資できる種類が少なく投資スタイルが限られる
毎月220円(税込)の利用料金がかかってしまう
大きく資産運用することは難しい

 

『ネオモバ』では毎年120万円までが非課税で運用できるNISA(少額投資非課税制度)には対応していません。

 

そのためネオモバで得た利益には、約20%の税金がかかってしまうことになります。

 

ただしiDeCo(個人型確定拠出年金)には対応していますので、将来への備えで個人型年金制度を利用したいのであれば、非課税で運用することができます。

 

 

ネオモバで投資できる種類が少なく、国内株式とロボアドバイザーでの取り扱いだけに限られています。

 

初心者にとっては手軽ではありますが、投資スタイルが限られてしまうので本格的な投資がしたいという人には向いていない投資方法かもしれません。

 

また50万円までの取引で毎月220円(税込)のサービス利用料がかかってしまいます。

 

株式取引額が少額の場合であれば、負担となってしまう可能性がありますので注意がひつようですね。

 

このようなことから、大きく資産運用することは難しいサービスだといえるでしょう。

 

  ○まとめ

ネオモバイル証券が運営する『ネオモバ』は、株取引がはじめてという人でも気軽に始められる投資方法。

 

現金での購入だけではなく、Tポイントを活用できるのは魅力的だといえます。

 

そんな『ネオモバ』のメリット・デメリットを理解して、手軽に資産運用をはじめてくださいね!